相続の方法には種類があります

相続するか、相続放棄か、限定承認かを選択する必要があります

相続が発生すると、相続人には、次の3つの選択肢が与えられます。
被相続人のすべての財産・債務を受け継ぐ単純承認、親が多額の借金などを残した場合などに、すべての財産・債務を受け継がない相続の放棄、そして、受け継いだ財産の範囲内で被相続人の債務を引き受ける限定承認です。
“相続の方法には種類があります” の詳細は »

相続税の計算方法ってこんな感じです

横浜の方へ相続税の申告は亡くなったかたの管轄の税務署で行いますよ

相続税の税額の計算方法を簡単に説明します。実際の相続税額の算出は、不動産などの財産の評価を含めて、とてもややこしく複雑なので、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。相続税・贈与税にたけている税理士なら、節税についても色々アドバイスしてくれるはずです。
“相続税の計算方法ってこんな感じです” の詳細は »

行方不明の人が失踪宣言後あらわれた場合の相続

相続人全員が揃わないと、遺産分割協議を開催することができません

失踪宣告は、相続人に対してだけでなく、被相続人が長期間行方知れずになっているときなど、被相続人になる人に対して子など相続人になる人が請求することもできます。しかし、失踪宣告による死亡はあくまで法律上です。そのあと実は本人が生きていたということもあり得ます。

失踪宣告を受けたものが後になってひょっこり現れて、生存していたことが証明されたときは、家庭裁判所に報告し失踪宣告の取り消しをしなければなりません。ただし、取り消しの前に故意でなくおこなった相続分割は有効とされます。このようなときには相続を最初からやり直す必要はありません。失踪の取り消しをし、他の相続人が現れた相続人の法定相続分相当の価額をできる範囲内で支払うことで解決します。法律的には、ある人が亡くなった瞬間に相続ははじまり、そして完了したとみなされています。

要するに、亡くなった時点で、その人の遺産は相続人全員(共同相続人)となります。一括で相続人が相続したものとみなし、各相続人への分配手続きなどが残っているのです。このように配分された遺産をそれぞれの相続人が受け取るためには、相続人全員が遺産分割協議集まって、遺産をどのように分けるかについて話し合いをしなければいけません。全員同意の上で相続分や分割方法を決めることとされています。逆に言えば、相続人全員が揃わないと、遺産分割協議を開催することができないのです。相続人が行方不明で探し出すことができないときは、家庭裁判所に不在者財産管理人の申立てするという制度があります。

不在者財産管理人は、家庭裁判所の許可を得て、行方不明の相続人の代理人として遺産分割協議に参加することができます。その際、法定相続分(民法で定められた受け取れる相続財産の割合)は確保できるという公平な内容が約束されています。

遺産分割協議書を教える先生のサイト
兄弟が対等に権利を主張する時代に入って、遺産分割協議書の作成もややこしくなったもんだ。
お金って人を変えますね。責任を人に擦り付けるかもいますね。自分のことはすべて我のやったことなんですよ
www.souzoku-shien.net/legacy/

保証人の相続 のことってよく誤解があるんです

法定相続分の割合で相続します。相続人の一人についてだけ、保証債務を全て引き継がせるということは原則できませんよ

連帯保証は「法定相続分」で相続がなされることになります。相続ではプラスの財産についても無償で引き継ぐことが出来るのでマイナスの財産も引き継がれるのはやむを得ないでしょう。
“保証人の相続 のことってよく誤解があるんです” の詳細は »